手すり先行 ミレニュームの特長

ミレニュームの特長

特長1 手すり先行次世代足場の施工実績日本一!

手すり先行工法を標準装備した(一社)仮設工業会承認次世代システム足場のパイオニア的存在です。西暦2000年から今日まで国交省、地方自治体、各団体、電力・輸送・通信等をはじめとした極めて多くの次世代足場実績があります。

特長2 安全足場 事故件数ゼロ!

ミレニューム施工現場では、これまで死亡事故がゼロという圧倒的な安全性を誇っています。
高所での組立・解体作業を必要としない大組・大払工法を採用
在来工法では外側一面のみに先行手すり枠を取付けるのに対し、ミレニュームでは
足場外側及び躯体側の両面に、先行手すり筋交いを取付ける事ができます。最上層での組立・解体時においても常に手すりがある状態となり、安全に作業する事ができます。

大組工法の効果
大組・大払工法ダウンロード(PDF)

特長3 組み立てが簡単!

ミレニューム各部材は、軽量コンパクトでかさばらず作業手順書通り誰が組んでも容易に手すり先行工法が可能です。
出隅入隅の多い現場、障害物のある現場や狭小地、傾斜地であったり、間口が狭かったり、また盛り替えが必要など、制約条件の厳しい現場でも軽量且つコンパクトな部材により、効率よく組立・解体ができます。

NETISに登録されました

NETISに登録されました NETISに登録されました。登録NO.KK-100081-V
国交省の現場で使用することにより工事成績評定が加点対象となります。

作業空間が広い!

作業空間が広い! 次世代足場ミレニュームは一層の高さが1800㎜と在来工法の1700㎜よりも高く、梁間には補剛材が無い事で作業空間を広くとる事ができます。年々平均身長が高くなっている職人さんが背中を曲げて作業する必要がなく、疲労感が減少し作業効率が大幅に向上します。一層の高さは床付き布わくの解体時に手が届く事を考慮し、1800㎜としています。
手すりから上の広い空間は他業種の職人さんにも作業がし易いと好評で、現場全体での工期短縮にも貢献しています。

単管・クランプをほとんど必要としません!

単管・クランプをほとんど必要としません! 根がらみは布材で簡単に取り付け可能。様々な調節部材がある為、滅失の多い単管・クランプはほとんど必要ありません。

 総合システム足場

外部足場

外部足場

内部足場

内部足場

ローリング

ローリング

支保工

支保工

施工実績はこちら

承認証

MN 承認証MN 承認証 PF 承認証PF 承認証

NETIS登録の重要性

  • NETIS(国土交通省新技術情報システム)とは、民間企業等により開発された新技術に係る情報を、共有及び提供するためのデータベースであり、国土交通省によって運営されています。
  • 登録後、評価情報が掲載されている技術(番号の末尾がAからVに変更)として認められています。
  • 落札者がミレニュームを活用する事により、足場両側に手すりが先行して取付け可能であり安全性の向上、コストの縮減や工期の短縮が期待でき、運送便の軽減による環境保全等の技術評価点および工事成績評定点の向上が見込めます。
  • 評価点に対し平均化された現状では、わずか1点の違いが大きく左右されますので、ミレニューム採用は次回入札時に有利です。
お問合せ
無料体験デモ・勉強会実施中
  • 手すり先行工法とは
  • カタログダウンロード

お問合せ

アサヒ産業株式会社
TEL:072-893-2891

〒576-0017
大阪府交野市星田北5-47-7
FAX:072-893-2892
Mail:info@asahisit.co.jp

お問合せ
  • 国土交通省 新技術情報提供システム NETIS 登録No.KK-100081-V
  • 大阪の元気!ものづくり企業

このページの先頭へ戻る